プロフィール

布箱工房 pianoforte講師 中野純子 のプロフィールです

小学1年生のころ母に編み物を教わり、それがハンドメイドとの出会いになりました。
小学4年生で手芸クラブに入り、刺繍や簡単な洋裁なども覚えました。

大学卒業後は幼稚園教諭となり、忙しさからハンドメイドとは離れた生活をしていました。
それが、結婚して子供ができてから子どもたちの服や小物を作ることでまたハンドメイドの楽しさを思い出しました。

その後カルトナージュと出会い、まだまだ知られていないこの手工芸をもっと多くの人に知ってもらいたいと思い講師の資格を取る事にしました。

カルトナージュを扱う協会はいくつかあるのですが、私がクラフトDECOを選んだのは新しく立ち上げられたばかりだったこと、そしてお話を聞いていると、決まりは色々あるものの、その中でもとても自由なイメージを受けたからです。

カルトナージュは自分の思った形、思った大きさのものをイメージ通りに作れるところがとても魅力だと思っています。

ぜひその魅力を教室の生徒さんに伝えていけるようにがんばりたいと思っています。

中野 純子